国際島嶼教育研究センター
トップページヘ 教育コースへ 島嶼学概論IIへ
島嶼学概論I(島嶼学教育コース・コア科目)
三島村硫黄島における講義(平成28年度)

講義内容  ・三島村硫黄島講義(H23 H24 H25 H26 H27 H28)

鹿児島大学大学院全学横断型教育プログラム「島嶼学教育コース」の目的は、「南西諸島からアジア・太平洋島嶼域に関する様々な分野の授業科目を履修することにより、島嶼地域の要請に応え、国際島嶼社会でも活躍できる人材育成を目指す」にあります。

「島嶼学概論T」では島を理解してもらうために、講義の一部を三島村硫黄島でおこなっています。講義は鹿児島と三島村の3島を結んでいるフェリーみしまが出港した時から始まります。1泊2日の短い期間ですが、島の地理・歴史・生活を体験することができます。また、行政・教育・畜産業・農業・漁業・文化活動などについて島の方に講義や話をしていただきます。

今年は村営定期船「フェリーみしま」の船内で、大山辰夫村長にご挨拶をいただいたあと、定住促進課の大岩根尚博士に三島村に関する講義をしていただきました。また、硫黄島では大岩根博士にジオパークや地層についての講義をしていただきました。三島開発総合センター・郷土資料館では、ジオラマをみて地形や火山について学びました。徳田健一郎タムタムジャパン代表にはジャンベの講義をしていただきました。このように三島村及び関係者の全面的支援をいただき、また住民の方々にもさまざまなご協力をいただきましたこと厚く感謝申し上げます。


以下、講義内容・風景です。


平成28年度前期

日時:平成28年7月2日(土)〜3日(日)


○参加者名簿(レポートはインターネット公開承諾済みのものを掲載)
 丸山麻子(人文社会科学研究科M1)  レポート(PDF)
 付 莎莎(人文社会科学研究科M1)  レポート(PDF)
 張 悦(人文社会科学研究科M1)    レポート(PDF)
 小森健太(農学研究科M1)        レポート(PDF)
 末満柾志(農学研究科M1)        レポート(PDF)
 中川 舞(農学研究科M1)        レポート(PDF)
 古澤典子(農学研究科M1)        レポート(PDF)
 松本健資(農学研究科M1)        レポート(PDF)
 宮囿颯人(農学研究科M1)        レポート(PDF)
 土元哲平(教育学研究科M2)      レポート(PDF)


 高宮広土(国際島嶼教育研究センター)
 フィリップ・ヘイワード(国際島嶼教育研究センター)
 山本宗立(国際島嶼教育研究センター)

○内容
 講義 「三島村の状況」
     「三島村の歴史・文化」
     「島の地層」
     「ジオパーク」
     「ジャンベ体験」

 見学 フェリーみしま
     三島開発総合センター・郷土資料館
     三島小学校・中学校
     俊寛堂
     ジャンベ体験
     牧場
     平家城展望台
     東温泉
     




○写真集
フェリーみしま(1196トン)の甲板にて講義の概要を説明(大岩根先生)

大山辰夫村長の御挨拶

船内ラウンジでの三島村行政レクチャー(大岩根先生)

船から眺める硫黄島の硫黄岳

ジャンベ演奏によるお出迎え

鬼界カルデラの外輪山に関する講義

硫黄島の湾、稲村岳、そして奥に硫黄岳

地層に関する講義1


俊寛堂にて硫黄島の歴史を学ぶ

地層に関する講義2

平家城跡から海に浮かぶ海亀が見える

東温泉


ジャンベ(西アフリカ)による地域おこしを学ぶ(徳田先生)

熊野神社で硫黄島の文化・歴史を学ぶ

三島開発総合センターでジオパークについて学ぶ(ジオデータ機械を操作)

出航時、ジャンベに合わせて踊る島の皆様

恋人岬にて記念撮影





Webmaster: YAMAMOTO Sota sotayamacpi.kagoshima-u.ac.jp
(c) Copyright KURCPI