国際島嶼教育研究センター
トップページヘ
島嶼研紹介
 >センター長より
 >沿革・研究組織
 >所在地
スタッフ紹介
プロジェクト
教育コース
研究会・集会
出版物
データベース
アジア・太平洋Now
リンク集
お問い合わせ
センター長より
Message from Director

 鹿児島大学国際島嶼教育研究センターは、平成22年4月に多島圏研究センターから改組され、鹿児島県島嶼からアジア太平洋島嶼部を対象に教育研究を行なっている組織です。その前身は昭和56年から7年間存続した南方海域研究センターで、その後昭和63年から10年間存続した南太平洋海域研究センター、そして平成10年から12年間存続した多島圏研究センターです。この国際島嶼教育研究センターでは、4名の専任教員、1名の外国人客員教員が3領域の学問領域を担当する一方で、学内共同利用施設という機能も持っており、50数名の兼務教員と協力し活動を行っています。
 鹿児島大学は、本土最南端に位置する総合大学として、伝統的に南方地域に深い学問的関心を抱き続けてきており、多くの研究により成果あげてきました。そのような伝統を基に、国際島嶼教育研究センターは鹿児島大学憲章に基づき、「鹿児島県島嶼域〜アジア・太平洋島嶼域」における鹿児島大学の教育および研究戦略のコアとしての役割を果たす施設とし、将来的には、国内外の教育・研究者が集結可能で情報発信力のある全国共同利用・共同研究施設としての発展を目指しています。また、鹿児島県島嶼を含むアジア太平洋島嶼部では、現在、環境問題、環境保全、領土問題、持続的発展など多岐にわたる課題や問題が多く存在します。国際島嶼教育研究センターは、このような問題にたいして、文理融合的かつ分野横断的なアプローチで教育・研究を推進していきます。

                       平成26年4月1日
                           センター長 河合 渓




Webmaster: YAMAMOTO Sota sotayamacpi.kagoshima-u.ac.jp
(c) Copyright KURCPI