国際島嶼教育研究センター
トップページヘ
島嶼研紹介
スタッフ紹介
プロジェクト
教育コース
研究会・集会
 >研究会の案内
 >これまでの研究会
 シンポジウム

 >公開講座
出版物
データベース
アジア・太平洋Now
リンク集
お問い合わせ
研究会のご案内
最新情報
国際島嶼教育研究センター第199回研究会
2019年9月30日(月)16時30分 総合教育研究棟5階

「サワガニ類と島嶼環境」

成瀬 貫(琉球大学熱帯生物圏研究センター)


[要旨]
 サワガニ類は、日本には琉球列島(種子島~与那国島)に22種、大隅半島に1種、上甑・下甑島に1種、黒島・宇治群島・口永良部島に1種、中之島・鹿児島両半島~青森に1種、が記載されており、重複を除くと計24種が知られている。サワガニ類の分布の中心は熱帯~亜熱帯域であり、世界からは実に1300種ほど知られており、その数は現在も増え続けている。およそ7200種知られているカニ類全体の約18%を占める、非常に大きなグループである。九州や本州などの温帯域では、いわゆる沢や緩やかな流れの川の上流、またその周辺に生息しているが、熱帯・亜熱帯ではより多くの生息環境に適応している。またサワガニ類は直達発生(プランクトン期がなく、親のミニチュアとして産まれる)をするため、生活史はすべて陸封化しており、島嶼環境で固有化している例が非常に多い。本公演では、このようなサワガニ類の起源や多様化、また島嶼での固有化や適応について概説する。


沖縄島固有種のヒメユリサワガニ。石灰岩環境に局所分布する


石垣・西表島固有のヤエヤマヤマガニと孵化直後の稚ガニ



(これまでの研究会についてはこちら
(シンポジウムの案内はこちら
(公開講座の案内はこちら




Webmaster: YAMAMOTO Sota sotayamacpi.kagoshima-u.ac.jp
(c) Copyright KURCPI