国際島嶼教育研究センター
トップページヘ
研究会などの記録 
2020年(島嶼研)

  • 国際島嶼教育研究センター第201回研究会
    2020年1月27日(月)16時30分 総合教育研究棟5階

    「ボーダースタディーズと島嶼研究」

    岩下明裕(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター/鹿児島大学国際島嶼教育研究センター)


    [要旨]
     ボーダースタディーズは、空間をどのようにとらえるかの問題意識を政治地理学と共有している。島嶼研究もまた島という空間を扱う学問ではあるが、「環海性」、「狭小性」、「字隔絶性」、「孤立性」などといった概念をもとに島という空間を規定しようとする。これらの概念は島を「ひとつ」としてとらえているようにみえるが、私たちはその考え方に疑念をもつ。例えば、北方領土はよく四つの島をくくるものとして通常語られるが、そのうちの「ひとつ」、歯舞は群島であり、本来、「ひとつ」ではない。例えば、対馬を「ひとつ」の島ととらえるのは正しいのだろうか。上対馬と厳原という2つの空間の歴史を振り返ったとき、これにはやはり無理があるように思われる。
     ボーダースタディーズはこのようなクリティカルな問題意識から島嶼研究を脱構築し、再構築することができるのではないかと報告者は最近、思い始めている。ボーダースタディーズのもつ、3つの分析ツールである「タイムライン」「透過性」「社会構築」をもとに、島嶼なる空間の問題を考えてみたい。






  • (これまでの研究会についてはこちら









Webmaster: YAMAMOTO Sota sotayamacpi.kagoshima-u.ac.jp
(c) Copyright KURCPI